easy going days

α700

e0001086_14455144.jpg
by GR-DIGITAL

昨日、α700の体験イベントに行ってきました。
私が重視しているのは、なんといってもファインダーと画質。
まず、ファインダー。
見易い!会場は蛍光灯ガンガンであっかるーいって感じではなく、
電球の優しい雰囲気の照明だったけど、それでもあの明るいファインダーは、
まさに、待ってました!です。
STFをつけてもらって覗いた瞬間、「あー!これはいい!」とうれしさの余り、
笑ってしまいました。(笑)ピントつかみやすいです。
しっかり撮っていたというより、結構パシャパシャと撮っていた中でも、
結構ピンがきてたんで、それだけ見易かったのかな?

画質は、モデルさんを撮影して、プリントアウトした物をもらったんだけど、
あれはプリンターの善し悪しが出るので、それは余り参考にならないかな?
ただ、液晶画面で見た感じや、ブラビアで見た感じ、壁一面にかけられていた
沢山の写真をみると、クリアで良いです。
私が懸念してたのっぺり感も、取り越し苦労だったようです。

あと、シャッターの感じが、結構軽いです。
Sweetちゃんの感覚で半押ししてたら、シャッターきらさっちゃいます。(笑)
この辺は慣れですかね〜。

AFは、Sweetちゃんと比べるのが間違いかな?
断然早いです。リンゴののっぺり赤い部分にあわせても、すぐピピっ。

液晶画面は、明るくキレイ!
ピントが合っているかどうか、あれは分かりやすい。
確かかなりの倍率で拡大できるので、ピントを確認できるのに
これまでのように苦労しなさそう。

ボディは、つや消しになっていて、落ち着いた感じ。
思った以上に軽かった。
16-105mmのレンズでも持ってみたけど、ほんとに軽い軽い!
お散歩カメラでも十分の重さです。

ハンズオンコーナーで、かなり触ってました。
スタッフの方が、STFの他にもバリオゾナーとゾナーも持ってきてくれて、
両方試すことが出来ました。
ゾナーはすっごい描写だった。ボケはSTFの方が柔らかな感じだけど、
シャープなボケって言うのかな?
スタッフも、「硬いボケのイメージですね」って言ってた。
一瞬、欲しい病になった。(笑)
バリオゾナーもシャープな写りで、それでいてうるさくない感じが、私にはGood!
スタッフに、レンズのことも聞いてみました。
70-200F4のレンズがあれば…と希望を出したりしてみました。
この辺は、SONYもユーザーの希望や意見をすごく聞きたがっていたらしく、
真剣に聞いてくれてました。
あと、70-300のGレンズの位置づけも。
それほど明るめでもないレンズに「G」を付けた理由を聞いたら、
「α100からステップアップのユーザーもいて、70-300は結構使う画角でもあるので、
それに何十万もするスペックで使われないのであれば、良いレンズでももったいない。
価格の面での考慮もあるし、当然Gを謳っているので、画質はこだわっています」とのこと。
「じゃあ、明るくはないけど描写は良いって事?」
「期待に添えると思います」
と、自信ありげのお答え。
私好みの描写であれば、夏のボーナス以降だけど、買いますよん。

ちょうど、セミナーの時間になっていたので、せっかくなので聞くことに。
講師は、α大好き馬場先生。もう、絶賛の荒らしでした。(笑)
この中で私が一番、「使える!」と思ったのは、Dレンジオプティマイザー。
これはいい!これは使えます!(私も馬場先生か?(笑))
馬場先生が、Dレンジの効果を試した2日前に定山渓で撮った写真数枚
見たけど、目から鱗というか、ホントに使える機能。
しかも、α700はRAWでも使えるので、ますますOK!
ブラケット機能もあるから、違う設定で記録してくれるから、助かります!
(これ使ってたら、記録メディアいくつあればいいんだ??)
馬場先生は、「ライブビューがなくても、手ぶれ補正とDレンジで、
4・5万の価値ある!」と断言してましたよん。
まあ、そこまでかどうかは別にして、私的には大いに価値ありです。

その後、RAW現像のセミナーもあって、こちらも聞いてきました。
(こちらは、馬場先生ではありません…)
トーンカーブの説明をかなり詳しくしてくれました。
輝度くらいしかいじらない私には、参考になりました。
輝度だけじゃなく、赤青黄のカーブももっと活用できるって分かったので。
(単に、自分が勉強不足なだけ……(^^*ゞ ポリポリ)

使っていけば、「ここは…」とか細々出てくるとは思うけど、
自分には買い!なので、ヨドバシ.comで予約かけちゃいました。(笑)
もちろん、ツァイスセットです。V(^-^) ヤッタ♪

SONYさん。αと心中する覚悟のユーザーですので、
良いレンズもっと出してね〜♪
[PR]
by s_eternal | 2007-10-21 16:14 | photo | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aqualove.exblog.jp/tb/6660940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iraka at 2007-10-21 22:17 x
Sanaさん こんばんは♪
α700予約おめでとうございます。もうご購入ですね。(笑)
ここにきて各社の中級機がようやくフィルム一眼の足元においついてきた感じではないでしょうかね。
僕もNとS(KM)とCを使って、自分に合っているのはCだと思って
デジ&フィルムともC化してみました。(でも7Dもαレンズ資産も全て残してますけど。)

LレンズとGレンズの違いもよくわかりましたよ。
どちらも相反する特徴を持っていると思いました。
STFはボケが美しいのでα700で楽しみですね。
でもフルサイズで使うともっとボケが美しいかも~。(笑)
ってことで、次はフルサイズでしょうか。(もう次の話か~(爆))
Commented by lairack_0817 at 2007-10-21 23:06
Sanaちゃーん♪
ご一緒したかったのに行けなかったのんこです(涙)
早速携帯でセミナーの情報メールありがとうね!
うん(*^-^*)♪ Sanaちゃんが買い!って思ったんなら私も嬉しい♪
何せ触りもしないで予約しちまったしぃ・・・
そっか Raw現像のセミナーもあったのね。それは聴きたかったわ。
私もRawで現像する時トーンカーブをいじる事があるけどかなりの我流だからさ。
ツァイスレンズセットってことは私と(-^^)/\(^^ ) ナカマ!!
今度α700を二人で持って撮影会やろうか♪
Commented by icchiy_passage at 2007-10-22 12:58
あら、とっても分り易いレポですね♪
これ読んだら欲しくなりますよ(笑)

αシリーズはほんとファインダーの見易さは驚愕ですよね。
以前友人のα7Dのファインダーを覗きましたが、初代KissDのもの
と比べて全く違う世界でしたもん(^_^; アハハ…
これが同じデジタル一眼かよぉ~って。
もともとファインダーの見易さはコニミノは定評があるし、それに磨き
のかかったα700は楽しみですねぇ。

ツァイスセットにはどんなレンズが付いてくるのかなぁ~?
Commented by Ryo at 2007-10-23 00:45 x
こんばんは♪
α700もゲットですか。すごいっす。
ファインダーが見易い様で良いですね。40Dのでもオーって思ったけど、それより凄いの(^^?
そんな事を言っているけど、40Dは当分買えそうもないっすσ(^^)。
Commented by Sana at 2007-10-23 01:16 x
>irakaさん
これは私には買いだと思ったので、予約入れましたよ。
手元に来るのが楽しみです。
irakaさんが一番分かってると思うんですけど、CもSもそれぞれに良さがある
りますよね。
某掲示板で論争されてる、どっちがこっちがって当てはまらないと思うんですよね。
フルサイズ??使ってみたいですね〜。
でも次のターゲットは、プラナーです。(笑)

>のんこさん
一緒出来なかったのは残念だけど、セミナーの様子ちょっとは感じていただけたかな?
RAWセミナーは、当然SONYの現像ソフトでやったんだけど、トーンカーブを中心に
話してくれたので、為になりました。
馬場先生のα絶賛コメントも、沢山聞けたし。(笑)
そうそう、一緒にα700持って撮影しましょ!楽しみ。
Commented by Sana at 2007-10-23 01:17 x
>Icchiyさん
分かりやすいですか?ぜひこれを読んで、αユーザーが増えてくれることを…。(笑)
ファインダーはほんと明るかったですよ。
このクラスでは、最高ですとスタッフは豪語してましたが。
これだけで、完全にグラッときましたもん。
ツァイスセットは、バリオゾナー16-80がつきますよ。
プラナー欲しいんですよね〜。(笑)

>Ryoさん
Ryoさんは、C使いでしたよね?
40Dと比べると、私はαだと思うんですけどね。
MFも試したけど、ピントあわせやすかったですよ。
まあ、使っているのがαSDですから、それと比べるとね…。
40D、お買い得なお値段だと思うので、ぜひ!(笑)