easy going days

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

美瑛

日曜は、美瑛へ撮影しに行ってきました。
e0001086_19434677.jpg
by αSweetDigital+Vario-Sonnar T*DT16-80mm F3.5-4.5ZA

もう少し早く行けば良かったなぁ。
でも、その前はずっと週末といえば雨だったし。
山はもちろんなんだけど、麓も多少、葉は落ち気味。
カラマツは良い色合いだったけど。

で、今回は結構ポイントを絞って行ったんだけど、
何故か、「今回の撮影、難しい…」と感じてしまった。
構図がね…。
何故かというと、農家の方々の秋から冬への準備というか、
夏だとパーッと緑が広がっているところも、この季節だと、
色んな物に無造作にシートとかかけてあるわけですよ。
牧草ロールとかならWelcomeだけど、なんだか分からないけど、
とにかく色んな物が置いてある。(苦笑)
入らないように色々フレーミング変えると、構図が決まらなかったり…。
そういう物も作品として仕上げれればいいのだけど、
まだその感覚が自分にはないので…。

で、前雑誌に紹介されていたとあるイタリアンレストランに行きたかったので、
そちらでランチを取ることに。
オステリア・Valoreというレストランです。
(以下の写真は、GR-DIGITALです)

e0001086_19532659.jpg
美瑛産カボチャのポタージュと、美瑛産ジャガイモとローズマリーのパン。
ジャガイモとパンの組み合わせが斬新。ローズマリーの香りがきいていて、
美味しかったです。

e0001086_19553743.jpg
道産ホタテと美瑛産キャベツのアンチョビ風味。
キャベツが甘くて美味しかった。
かなりたっぷり入ってて、見た目よりボリュームありました。

e0001086_19565212.jpg
デザートのガトーショコラ。甘さ控えめでした。
盛りつけがオシャレー。

ランチコースは、本日のスープ・パン、本日のパスタ、食後の飲み物で、1,100円。
デザートは+200円でオーダーOK。

ちょっと時間をはずしていったのと(1時くらいだったかな?)、
一人だったんで5分くらい待っただけで座れたけど、
土日で数人で行く場合は、予約がベターかも。
結構お客さんいたしね。
確か、美瑛で有名なオーベルジュのコックさんをやってた方が、
開いたお店なので、料理は美味しいしで、人気のレストランのよう。

「ホントに美味しかったので、次美瑛に行ったときはまた寄らせてもらいます」
とお店の方をお話しして、レストランを後にしたのでした。
[PR]
by s_eternal | 2007-10-30 20:04 | photo | Trackback | Comments(1)

Vario-Sonnar T*DT16-80mm F3.5-4.5ZA

e0001086_22172583.jpg
昨日、無事届きました!Vario-Sonnar T*DT16-80mm F3.5-4.5ZA!!
私にとって、初ツァイスです。

早速今日、お昼休みに会社の近くの公園や、河川敷の方に初撮影。

e0001086_22212176.jpg
すごいシャープな写り!
色は全く補正していないのに、この色つきです。
e0001086_22225277.jpg
ボケも結構良い感じです。赤の発色が良いですね。
e0001086_22242270.jpg
手前の木々と遠くの木々の葉の描写が、はっきりしてます。
こういう描写が欲しかったんですよー!
e0001086_2226615.jpg
開放で撮りました。ピントあわせたところはシャープだけど、
それ以外のところは意外と柔らかな感じです。
絞れば、全体的にシャープになるかな?

全体的には、シャープでコントラストも高め。でも嫌みは無し。
色乗りも、あまり状況に寄りきりだけど、彩度いじらなくても良い感じです。
なんといっても、遠景の描写が良いです。解像度が高いのかな?
Sweetちゃんの600万画素でこれだから、α700だとどうなるのやら。(笑)

買ってよかったー!
ツァイス、バンザイ!!!!!

さあ、次はプラナー狙おう!(爆)
[PR]
by s_eternal | 2007-10-26 22:30 | photo | Trackback | Comments(3)

悩み……

銀泉台に紅葉撮りに行って、気がついた事…。

今回の紅葉の写真、妙に眠い感じがする。
なんか、解像度が無いというか……。

ネットで色んな紅葉の写真を見るんだけど、
木々や葉一つ一つの解像度・描写がしっかりしていて、
立体感があって、そんな写真を見て自分のと比べると、
なーんか眠い…。

ブレているのかなぁ?
レンズの違いかなぁ?
レンズといったって、みんながみんなお高いレンズばかり使ってる訳じゃなくて、
私が持ってるレンズで撮ってる写真だってあったりするので、
一概にそれとは言い切れないし。

そりゃ、良いレンズといわれてる高い物は、
さすがの描写ですけど……。

天気がよくて、ASついているといっても、
ちゃんと構えないとだめだって、思いっきり痛感はしてるんだけど。

あと、カメラの設定も影響してるのかなぁ?
NATURALの上に、コントラスト、彩度、シャープネスを
全部標準より-1にしているんだよね。
RAWで撮るので、現像時でやってしまおうと。

でも、これも間違ってたかなぁと。
現像である程度シャープネスかけたり、コントラストいじったりしても、
元画像が余りにも眠いと、レタッチしすぎになって、
違和感のある感じになっちゃうし。

ので、最近設定を全部NATURALの標準に合わせました。
NATURAL+でもいいのかも??
(あれから撮影には出かけてないけど…)

ん?RAWだから、カメラの設定はあまり関係ないか。
なら、やっぱり絞り値とかピントの甘さなのかな?
要は、腕が悪いのか……。(i_i)

今日、バリオゾナーが届く予定。
良い描写で撮してくれるので、私の思い描く写真が撮れるかな?

α700は、こんな私の悩みを解消してくれるでしょうか???
[PR]
by s_eternal | 2007-10-25 13:58 | photo | Trackback | Comments(3)

α700

e0001086_14455144.jpg
by GR-DIGITAL

昨日、α700の体験イベントに行ってきました。
私が重視しているのは、なんといってもファインダーと画質。
まず、ファインダー。
見易い!会場は蛍光灯ガンガンであっかるーいって感じではなく、
電球の優しい雰囲気の照明だったけど、それでもあの明るいファインダーは、
まさに、待ってました!です。
STFをつけてもらって覗いた瞬間、「あー!これはいい!」とうれしさの余り、
笑ってしまいました。(笑)ピントつかみやすいです。
しっかり撮っていたというより、結構パシャパシャと撮っていた中でも、
結構ピンがきてたんで、それだけ見易かったのかな?

画質は、モデルさんを撮影して、プリントアウトした物をもらったんだけど、
あれはプリンターの善し悪しが出るので、それは余り参考にならないかな?
ただ、液晶画面で見た感じや、ブラビアで見た感じ、壁一面にかけられていた
沢山の写真をみると、クリアで良いです。
私が懸念してたのっぺり感も、取り越し苦労だったようです。

あと、シャッターの感じが、結構軽いです。
Sweetちゃんの感覚で半押ししてたら、シャッターきらさっちゃいます。(笑)
この辺は慣れですかね〜。

AFは、Sweetちゃんと比べるのが間違いかな?
断然早いです。リンゴののっぺり赤い部分にあわせても、すぐピピっ。

液晶画面は、明るくキレイ!
ピントが合っているかどうか、あれは分かりやすい。
確かかなりの倍率で拡大できるので、ピントを確認できるのに
これまでのように苦労しなさそう。

ボディは、つや消しになっていて、落ち着いた感じ。
思った以上に軽かった。
16-105mmのレンズでも持ってみたけど、ほんとに軽い軽い!
お散歩カメラでも十分の重さです。

ハンズオンコーナーで、かなり触ってました。
スタッフの方が、STFの他にもバリオゾナーとゾナーも持ってきてくれて、
両方試すことが出来ました。
ゾナーはすっごい描写だった。ボケはSTFの方が柔らかな感じだけど、
シャープなボケって言うのかな?
スタッフも、「硬いボケのイメージですね」って言ってた。
一瞬、欲しい病になった。(笑)
バリオゾナーもシャープな写りで、それでいてうるさくない感じが、私にはGood!
スタッフに、レンズのことも聞いてみました。
70-200F4のレンズがあれば…と希望を出したりしてみました。
この辺は、SONYもユーザーの希望や意見をすごく聞きたがっていたらしく、
真剣に聞いてくれてました。
あと、70-300のGレンズの位置づけも。
それほど明るめでもないレンズに「G」を付けた理由を聞いたら、
「α100からステップアップのユーザーもいて、70-300は結構使う画角でもあるので、
それに何十万もするスペックで使われないのであれば、良いレンズでももったいない。
価格の面での考慮もあるし、当然Gを謳っているので、画質はこだわっています」とのこと。
「じゃあ、明るくはないけど描写は良いって事?」
「期待に添えると思います」
と、自信ありげのお答え。
私好みの描写であれば、夏のボーナス以降だけど、買いますよん。

ちょうど、セミナーの時間になっていたので、せっかくなので聞くことに。
講師は、α大好き馬場先生。もう、絶賛の荒らしでした。(笑)
この中で私が一番、「使える!」と思ったのは、Dレンジオプティマイザー。
これはいい!これは使えます!(私も馬場先生か?(笑))
馬場先生が、Dレンジの効果を試した2日前に定山渓で撮った写真数枚
見たけど、目から鱗というか、ホントに使える機能。
しかも、α700はRAWでも使えるので、ますますOK!
ブラケット機能もあるから、違う設定で記録してくれるから、助かります!
(これ使ってたら、記録メディアいくつあればいいんだ??)
馬場先生は、「ライブビューがなくても、手ぶれ補正とDレンジで、
4・5万の価値ある!」と断言してましたよん。
まあ、そこまでかどうかは別にして、私的には大いに価値ありです。

その後、RAW現像のセミナーもあって、こちらも聞いてきました。
(こちらは、馬場先生ではありません…)
トーンカーブの説明をかなり詳しくしてくれました。
輝度くらいしかいじらない私には、参考になりました。
輝度だけじゃなく、赤青黄のカーブももっと活用できるって分かったので。
(単に、自分が勉強不足なだけ……(^^*ゞ ポリポリ)

使っていけば、「ここは…」とか細々出てくるとは思うけど、
自分には買い!なので、ヨドバシ.comで予約かけちゃいました。(笑)
もちろん、ツァイスセットです。V(^-^) ヤッタ♪

SONYさん。αと心中する覚悟のユーザーですので、
良いレンズもっと出してね〜♪
[PR]
by s_eternal | 2007-10-21 16:14 | photo | Trackback | Comments(6)

GR-DIGITALには…

自転車がよく似合う。(笑)
e0001086_14211315.jpg
by GR-DIGITAL+Photoshop CS3にてノイズ加え

なぜか、GR-DIGITALを持っていると、無性に自転車を撮りたくなります。(笑)
幸いに、札幌の中心街では、歩道を自転車駐車スペースにしている場所があるんで、
かなり狙ってます。

モノクロ撮影の時は、フォトショでノイズ感出すのがお気に入りレタッチだけど、
ノイズじゃなくてフィルムの粒子感を出したいですね。
やっぱりそれにはFilmPackだなぁ。
早く欲しい!
今月のお給料もらって、色々お支払い物を差し引いて、
いけそうだったら即購入する予定。
写真でお世話になってる、Icchiy大先輩のFilmPackレタッチ見ると、
「早く買った方が良いよ〜」といわれてる感じするんで。(笑)
[PR]
by s_eternal | 2007-10-14 14:29 | photo | Trackback | Comments(2)

α700に備えて…

Lexarの4GCF、購入しました。
e0001086_1947837.jpg
by GR-DIGITAL

何せ1200万画素、しかもRAW撮りの私だから、これくらい容量無いと。
一応目安だけど、RAWで400枚前後は撮れるかな?
フォトストレージ持って行かなくても、大丈夫……ではないなぁ。(笑)
最近同じアングルで何枚も撮るんで、やっぱりフォトストレージ必要だな。

あと、カードリーダーも購入。
e0001086_19564756.jpg
by GR-DIGITAL

GR-DIGITAL買ってから、欲しかったんよね。
というのも、デジ一眼はCF、GR-DIGITALはSDなんで、
メディアの種類が違う。
それまでは、付属のUSBケーブルとカメラをつないでたけど、
カメラによって差し込みが違ってて、その度にケーブル変えてたりして、
ヒジョーに面倒だったんで。
いやいや、楽でいいよ〜。速度も速いしね。

あとは、α700を待つのみ!(笑)
[PR]
by s_eternal | 2007-10-12 20:02 | photo | Trackback | Comments(2)

いいですね〜

e0001086_20112283.jpg
by αSweetDigital+135mm F2.8 [T4.5] STF

このボケの味、他のレンズでは出ませんね〜。

e0001086_2012316.jpg
by αSweetDigital+100mmMACROF2.8

この空気感も何とも言えませんね〜。

どちらのレンズも、一生の財産です。
[PR]
by s_eternal | 2007-10-10 20:14 | photo | Trackback | Comments(2)

やっぱり……

e0001086_2028238.jpg
by GR-DIGITAL

これだー!
私は、αで行くんだ!!!
と、αの良さを改めて再認識したこの連休でした。(笑)
[PR]
by s_eternal | 2007-10-09 20:33 | photo | Trackback | Comments(2)