easy going days

さよならソニー 富士へ完全移行しました

e0001086_1532580.jpg

今回、X-H1を購入しました。
XF16ー55とXF50ー140の2.8通しを購入して何度か撮影に行った際、
T2だとやはりレンズが重いせいかグリップ感がちと怪しい感じがして、
H1ならと思ったのと、ボディ内手ぶれ補正がやっぱり欲しかったので。(T2も残してあります)

F2.8通しレンズを買った時点で(この時、αレンズのツアイスとGレンズのズームレンズを
下取りに出した)、完全移行は心に決めていたものの、何処かにフルサイズの拘りはまだあって、
α99Ⅱを手放せずにいたけど、H1のキャッシュバックキャンペーンがもう期限ギリギリだったし、
私の撮影スタイルでフルサイズにそこまで拘る必要はないと思って、
α99Ⅱと残していた最後のズームタムロン28-300、50mmマクロと純正フラッシュを
下取りに出して購入しました。
APS-Cでも風景は撮れるしね。(って、全然ネイチャーは撮りに行ってませんが…)



ただ、ミノルタ時代からの銘玉、500mmRefrex、135mmSTF、100mmソフト、100mmマクロ、
この4本は残してあります。
αレンズが使えるアダプターがあるので、MFになっちゃうし画角は1.5倍になるけど、
実際春にチューリップ撮りに行ったとき、T2につけて撮ってたけど、それ程問題は無かったし。
まあ、AF使えればなぁって思う事はないとは言えないけど、H1だとアダプター経由でも
手ぶれ補正は効くので工夫次第って事で。
(500mmRefrexで1/125Sでいけました)
レンズ内手ぶれ補正がない単焦点やXF16-55が使いやすくなるなぁ。

AFの追従も何となくだけど、使いやすい感じがする。
動きものを撮ること余りないので、AF-Cってソニー時代もそれ程使ってこなかったけど、
今回流し撮りで使ってみたけど、シャッター速度にもよるけど成功率高かったかな?

なんといっても、富士の色なんだよなぁ。
あと、空気感というか立体感もあって雰囲気の良い写真が撮れます。
T2使い始めてから、RAW現像することが少なくなって、ホントに楽です。(笑)
T2より若干ゴツくなって重くもあるので躊躇し続けてきたけど、
グリップ感は良いし、重いレンズを付けたときのバランスが良いので。

コニミノを使い続けて、αシステムがソニーに移行されてもそのまま使い続けてきたので、
多少後ろ髪引かれる思いはあるけど、色、写真の雰囲気がホントに気に入ったので、思い切りました。
サブサブカメラもX100Fにしてるので、完全に富士使いです。(笑)
このカメラにこそ、手ぶれ補正入れて欲しいのだけどなぁ、本音は。

H1でのフォトを数枚。(写真をクリックすると拡大表示されます)
e0001086_1691383.jpg

e0001086_1627337.jpg

e0001086_16101068.jpg
e0001086_16102132.jpg

[PR]
by s_eternal | 2018-10-13 21:24 | photo | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aqualove.exblog.jp/tb/27595348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。